鶏を飼うというリスク

一般人が鶏を飼う場合最低でも、鳥のふん尿はすみやかに処理し、鳥小屋の定期的な清掃・消毒を行う。その際は手袋とマスクを着用する。ねずみやハエなどの駆除を行なうとともに、野鳥または野鳥のふん尿が鳥小屋に入らないように注意する。野鳥が飛来する池や川の水を取りの飲み水に使用しない。飼育小屋に出入りする際には専用の長靴を用意して入口には「踏み込み消毒槽」を置き靴裏を消毒する必要がありますがこれらの対策は大丈夫ですか。

 

野鳥の糞尿やネズミ・ハエなどの害虫の侵入を拒むために養鶏業者は外部との接触を極力絶っています。養鶏場そのもので直売を行なっていないのはその為です。宅配業者の車両の出入りなど外部との接触も極力避けるため養鶏場への出入りを制限しています。糞尿は柔らかく臭いもあるため熱処理を加えないと処分の際にかなり困ります。養鶏業者でさえ経費のかかる問題です。2羽程度であればその量は大したことはないでしょうが。また鳴き声などの問題は隣近所に確認済みですか?都市部でなく山に近い場合は狐などを呼ぶことも考えられます。

 

不幸にも鳥の健康状態に異常があった場合には、速やかに動物病院に相談しなければなりません。万が一飼育している鳥が突然死亡したり、神経症状や呼吸器症状などが現れ、鳥が高病原性鳥インフルエンザを疑うような症状を示した場合には関係機関に連絡しなければなりません。野鳥及び野鳥が原因で飼育鳥が鳥インフルエンザに感染し、死亡した事例が起きてしまった際には周辺半径10kmの養鶏場の鶏に対して観戦のための立ち入り調査が行われます。一般人の犯した経緯から養鶏場が被害を被ることは好ましくありません。その補償などまで考えられていますか?一般的に鳥インフルエンザは鳥から鳥へ、感染るものですがごく稀に突然変異したものは人に感染します。病鳥や死鳥に触れたり、それらの内臓や血液や排泄物に触れた場合に感染する場合があります。また排泄物や散乱した卵の表面にはサルモネラ菌がいますのでこられの扱いには十分注意してください。大きな病気をしない限り3〜4年、長寿を保つ場合10年以上生きる動物です。最後まで面倒を見られますか?