秋の果物といえば、

葡萄バンザーイ。

 

 

ええ、葡萄好きです。でもね、東京にいた時は葡萄って普通に高級果物の仲間でした。桃とか無花果とかと一緒でなかなか食べられるものじゃなかったんです。

 

ところがです、ここ勝沼に来てからというもの東京のスーパーで売っている果物は果物の皮を被った違うものだったということを思い知らされる毎日なんですね。なんだっていうと、やはり完熟かそうでないかが肝。または完熟していたとしても都内のスーパーに並ぶのはどんなに早くても収穫から3日後、みたいですよ。

 

早朝〜午前に収穫して午後には出荷、農協は夕方に発送して翌日には市場で競りにかけられて2日目の夕方には八百屋さんやスーパーマーケットに並ぶものかと思っていたんですけどどうやら違うみたいです。

 

午前に収穫しても商品づくりして出荷するのは翌日、農協も都会に出荷するのが翌日、競りにかけられてさらに翌日とだいたい4日ほどはかかるみたいです。農家さんに聞いたので間違いありません。結構、都会のスーパーに出回る果物って本物じゃないっぽいの。葡萄は追熟しないので早熟(酸が残っている状態)で摘んで出荷してしまうのがほとんどみたい。

 

観光農園は確かに旨い。完熟したものを教えてくれるしそれを捥いで食べられるし、それらを持って帰って食べることができるから。でも高い。知り合いの農家さんに言わせると「観光農園だけは行っちゃダメだ」ということでした。例えば今日本一高級な葡萄と言われているシャインマスカットを例に挙げてみますね。kgあたり3,000円っていうのがシャインマスカットの相場になっていたりするので(私もそう思ってました。だって桐の箱に入って白いワタに包まれていたりしたら1房で8,000円くらいしてますよね)近所の観光農園の店先にはシャインマスカットがやはり3,000円/kgくらいが相場で販売されているんですけどね、それはやはり観光農園だからみたいです。

 

というかぶどう狩りに行ったりした時に出荷しかしていない農家さんには絶対寄り道しないですもんね。そりゃわかりませんって。でもこんなこと書くと怒られそうだけど農協は結構安くお買い上げされるようなので直接農家さんから購入できるツテがあったら消費者さんと農家さんの間でwin-winになる関係なんです。

 

ぶどうっていうのは遅くなればなるほど甘みも旨味も乗って酸が消えていく果物なんです。だから同じ黒くて大きい葡萄ですけど、巨峰よりピオーネの方が20日くらい収穫が遅いのでどっちが甘い?って聞かれたらピオーネが甘いと答えることができます。もちろん味の好みは色々あると思いますが、ここでは割愛させていただきます。

また最近がいい例ですが、この晩夏の時期は雨が多いのです、台風やなんやらで。デラウェアが出始める8月初旬は梅雨が終わったぜーって日差しギラギラの時期なのですけど8月半ばから終わりにかけては去年もそうでしたけど結構天候が不順になりやすい傾向にあるんです。ただし、完熟を過ぎて果実から酸が消えると雨粒に当たった時に粒割れしやすくなってしまったり、過熟して実がダレてしまったりしますので完熟を過ぎてしまったらそれはそれで美味しくないんですけどね。

 

何が言いたいのかというと、美味しい葡萄を食べたいのなら「その土地に住んでる人間に聞け」っていう当たり前のことですね。更に言うと「どこがお買い得なのか」を聞くのではなくて「今年の●●はどうですか?」と農産物全般に対する確認をすること。駅員さんに聞いてもいいしタクシーの運ちゃんに聞いてもいいと思います。観光農園(一般人相手にしてる商売の人)に聞くとウチの所が旨い、としか言いませんがある程度公平な目を持っている土地の人に聞くことで偏りのない相対的な意見を聞くことができるのでオススメです。駅員さんやタクシーの運ちゃんですと地域の噂話や農産物の出来も自然に耳に入ってきますのでより良い選択肢を教えてもらえます。

 

私もこの町に来てからまだ20日(通勤するようになってから2ヶ月くらい)ですけど、美味しい果物を作って安く販売してくれる農家さんや丁寧で親切なワイナリーさんなど徐々に頭に刻まれてきています。楽しいですね、自然の中で働き生きるということは。

アイスクリームなら

柔らかめ ー 固め

クリーム ー シャーベット

牛乳感  ー それほど

コク   ー あっさり

甘め   ー さっぱり

しっとり ー 軽め

溶け易い ー 溶けにくい

 

指数がよくわからない

 

原材料

牛乳、砂糖のみなのか

生クリームや香料を加えたかどうか

 

牛乳の種類(ブランド)

社名・住所・電話番号

 

とか?

 

八ヶ岳という地

空に近い。

 

八ヶ岳の頂上はまだ上の方にあって、山頂に雲が引っかかったり裾の方に雲がたまったりするのを毎日眺めてる。もっとも眺めているのはこんな感じで仕事の帰り道なんだけど。

 

いろんな仕事をつまみ食いしてる。自分の可能性を確かめてはいるのだけど、きっと傍から見たら「つまみ食い」してる。しかもできないことが多いことにも薄々感づいてる。できないことに対する言い訳が多いのも知っている。まずやってみる、そんなことを掲げてきているのに純粋に怖いから怖気付く。

 

30代、7年間は参加することで場を得てきた。他処に顔を出しても自分の居場所は見つからない。登り詰めれば寂しさを覚えずにはいられなくなる。だから場所を移した8年目の今年はよそに参加することで居場所を作ろうとすることはやめようと誓っているんだけど

 

ふと身の上が寂しくなった時に賑やかな他人の場に寄って行きたくなったりする。いや、行ったっていいんだろうけどつながりとしては。でもあえて行かないようにしてる。この極端な変わり方や不自然さがよくないんだろうけど、今はこんな感じ。自分の場をなんとか作ろうとしてる。別にそれにあたって何もしてないんだけど。

 

何も行動していないって言い切るのも嫌なんだけど、まあそんなとこ。文章書かなくなって久しいけど、なんかいい文章って書けなくなるね。衰えって怖いや。

 

 

 

 

f:id:watenarai:20170607143131j:plain

f:id:watenarai:20170607143141j:plain

5/29

農業研修生になるかどうかをお互いに判断する初日

慣れない筋肉使い、17時終業、20時就寝。

ほうれん草の出荷作業を行いました。

 

八ヶ岳の麓、この背中側に職場があります(写っていません)。

f:id:watenarai:20170530064748j:plain